育毛情報

DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する食事・育毛剤・サプリを一挙紹介!

壮年性の薄毛の大きな原因とされるAGAを引き起こしてしまう、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質、皆さんはご存知でしょうか。

DHTは男性ホルモンが5αリダクターゼという物質に反応して作られるため、多くの男性が悩まされることとなります。

今回はそんなDHTについて、どんな物質なのか、どうすれば対策できるのかを紹介していきたいと思いますので、薄毛で悩んでいる方は参考にしていただければと思います。

そもそもDHTの働きや体に及ぼす影響とは?

「DHTはAGAの原因になる」と聞いてしまうと、かなり厄介なもののように感じてしまいますよね。

しかし、DHTには脱毛指令を出す因子に変化し、薄毛を引き起こす働きの他にも、大切な役割を担っていたりします。

薬に良い作用と副作用があるように、DHTにも大切な役割の裏側に、頭皮や身体に困った影響を与えてしまう力があるということなのです。

DHTの大切な働き

DHTは男性ホルモンですので、通常は女性には関係していないのですが、実は妊娠の際、お腹の中の胎児が男児だった場合には、男性器の発達を大きく助ける働きがあります。

DHTが母体から不足してしまうと、男性器の発達に支障をきたすため、妊娠中の母体のDHTを抑制してしまうものの摂取はNGとされているんですね。

女性(特に妊婦の方)に医薬品の成分フィナステリドを近づけたり、そのほかにホルモンに影響が出る食べ物や薬を取り入れてはいけない理由はそういうことだったのですね。

DHTは、男性としての発達を主に担っている男性ホルモンのテストステロンの補助的役割も兼ね備えているため、一概に要らない物質とも言えないのです。

DHTが及ぼす体への影響

前述のとおり、胎内の男児の発達にはとても大切な役割を持っているDHTですが、生まれてきてからの役割はあまりありません。

むしろテストステロンとのバランスを保てなくなると、強い作用で体に変化を及ぼしてしまうことも。

それが「毛髪の減少」と「体毛の増加」という、男性の悩みのタネとなる現象です。

さらに、加齢とともに気になってくる皮脂の過剰分泌や、前立腺肥大症の原因ともなってしまうことも。

この記事では特に、DHTによって引き起こされる抜け毛の増加にフォーカスして詳しく解説していきます。

DHTが関係している薄毛はAGAの場合のみ

薄毛と一口に言っても、ストレスからくる自己免疫疾患の円形脱毛症や、髪全体のボリュームがなくなってスカスカになってしまうびまん性脱毛症など、原因は様々。

円形脱毛症やびまん性脱毛症は女性でもなり得る薄毛なのですが、DHTが関わっている薄毛は、AGA(男性型脱毛症)という男性特有のものです。

そもそもAGAとは

AGAは(A)ndro(g)enetic (A)lopeciaの略で、日本語では男性型脱毛症と呼ばれています。

男性型と言うだけあって、男性ホルモンであるDHTが脱毛因子へと変化してしまうことで起きる薄毛です。

額部分(M字ハゲ)や頭頂部から薄毛になるのが特徴 で、女性の薄毛では見られないはげ方をします。

特に頭頂部から薄毛が始まった場合は自分ではわかりにくく、気づくくらいに髪が抜けてからだとかなりAGAの進行が進んでいるので、かなり厄介という面も。

AGAとDHTの関係性とは

テストステロンの補助的作用を持つDHTですが、実はDHTはもともとテストステロンが変性してできるホルモン。

テストステロンをDHTに変えてしまう原因は、5αリダクターゼという酵素の存在です。

つまりこの5αリダクターゼを体内に多く保有していたり、DHTを受け取って脱毛指令をだす受容体の感度が高い人ほど、AGAを発症してしまう可能性が高くなります。

逆に言えば、5αリダクターゼの働きや、DHTの働きを阻害することによって、AGAの発症を抑えることが可能になるということでもあります。

どうすればDHTを抑制することができるのか

そもそもDHTを抑制や阻害することが可能なのかどうか気になるところですが、結論から言うとどちらも可能です。

しかし、抑制する努力を怠ると、すぐに元に戻ってしまいますので継続してのケアが重要になりますし、全くのゼロにするのは不可能であることも念頭に入れておいてください。

医薬品や育毛剤を視野に入れるのはもちろんのこと、毎日の生活を見直し、DHTを抑制する習慣を毎日コツコツ続けることも大切になってきます。

次の項目からは、DHT対策のためにできることを紹介・解説していきます。

DHT抑制のために食事と生活習慣を見直す

早速、毎日の習慣でDHTを抑制する方法から見ていきましょう。

今日からでも始められることが大半ですので、ぜひとも参考にして取り入れてみていただけたらなと思います。

大豆イソフラボンを摂る

大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをし、女性の美容のためにもよく使われる成分なので聞き馴染みがありますよね。

男性ホルモンであるDHTと真逆の働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂取することによって、脱毛を抑制する効果が見込めます。

大豆イソフラボンは名前の通り、大豆製品(※)にも含まれており、日常の食生活で簡単に取り入れることができますので、食事の際は意識すると良いでしょう。

(※)納豆、豆腐、豆乳飲料など

亜鉛を摂る

牡蠣に多く含まれ、身体の細胞を活性化させたり、アミノ酸を作り出したりするのに重要なミネラル分として有名な亜鉛。

新陳代謝を促して疲労を少なくする、身体の働きを活動的にするなど、全体的なパフォーマンスを向上させる働きがあります。

また、5αリダクターゼの働きを阻害することによって、DHTの数を減少させる働きも期待されていますが、体内での吸収率があまり良くなく、意識的に摂取しないと不足しがちな成分ですので、足りていない人が大半。

イソフラボンと違って毎日の食事に取り入れるのが少し難しい物なので、意識的に取り入れることが大切になってきます。

ストレス発散法を持っておく

ストレスは人間関係や失敗した時の落ち込み、不幸な出来事や気候の変動など、何気ないことから大きなことまで、日常的に感じてしまうものです。

ちょっとしたストレスでも、ケアせずに積み重なると自律神経のバランスを崩してしまい、血行不良や睡眠障害など頭皮環境の悪化につながるような身体の不調を起こしかねません。

かといって全くストレスを感じないで生活するのは不可能に近いですし、ストレスを感じてはいけないと言うわけではなく、溜め込まずにリフレッシュすることが重要になってきます。

休養や趣味の時間をきちんととったり、適度に運動やストレッチを取り入れるなど、心身の調整を図る方法を自分なりに見つけておくのも大切です。

過度の飲酒や喫煙は控える

健やかな髪の毛が育つためには、髪を作り出す細胞に栄養がきちんと行き届くことが大切なのですが、血行不良になってしまうと頭皮に栄養を含んだ新鮮な血液が行き渡りにくくなってしまいます。

また、強く新しい髪が生えてこないだけでなく、すでに生えている髪もだんだんと弱ってゆき、抜け毛や薄毛を加速させることにもつながります。

過剰な飲酒や喫煙はDHTの生成を促進してしまい、AGAの発症確率も高めてしまいますし、特に喫煙に関しては血管を収縮させて血行不良も引き起こします。

飲酒は控えめに嗜む程度であれば良いかもしれませんが、喫煙は特に育毛するのであれば大敵ですので、なるべく禁煙に励んだほうが良いでしょう。

適度な運動を取り入れる

薄毛になっている人の中には、生活習慣の乱れや運動不足で、頭皮だけでなくそもそも身体自体が不健康になっているパターンも多くあります。

ストレスを軽減したり、血行を促すことのできる運動を数分だけでも取り入れることによって、身体全体のパフォーマンス能力も向上しますし、もちろん頭皮の環境改善もサポートすることができます。

また、DHTは汗とともに排出できるという研究結果も発表されていますので、定期的に汗をかく運動を取り入れることがかなり重要なのがわかりますね。

激しい運動でなくても、意識していつもより歩くようにしたり、自分の楽しめるレジャーやスポーツを取り入れても良いですし、運動が苦手な人は軽いストレッチから始めてみると良いでしょう。

DHT抑制効果が一番高いのはやはり医薬品

専門のクリニックで処方してもらえる医薬品は、やはりDHTを本格的に抑制したい場合には一番効果が高いと言えます。

AGAの進行が速く、「生活習慣や食生活の見直しだけでは追いつきそうにない」「もっと確実に対策したい」という方は、医薬品を使った育毛を視野に入れるのも1つの手です。

DHT抑制効果のある医薬品を紹介しておきますので、医薬品での薄毛改善を検討しているという方は参考にしてください。

プロペシア

こちらはAGA治療薬として最も名前の知られている薬ではないでしょうか。

プロペシアはDHT生成の原因となる5αリダクターゼの「II型」のみを抑制することができます。

5αリダクターゼII型とは、額部分や頭頂部に特に多く分布しており、M字ハゲや頭頂部の薄毛と言った男性特有のハゲ方の原因にもなっています。

そのため、M字ハゲや頭頂部の薄毛が気になっている人には効果的な薬と言えるでしょう。

ザガーロ

先ほどのプロペシアと違い、5αリダクターゼの「I型」「II型」のどちらにも作用してくれるのがザガーロという医薬品。

DHT抑制に期待できるという点には相違ありませんが、両方の型に効果が期待できる分、プロペシアよりもさらに副作用が大きく出るリスクもあります。

「プロペシアでは平気だったけどザガーロは副作用が起きる」というケースもあり得ますので、専門の医師とこまめに相談しながら服用することが大切です。

副作用の少ない育毛剤でDHTを抑制する

DHT抑制・AGA対策に大きな効果を発揮する医薬品ではありますが、やはり副作用のリスクがあるので怖いという方も多いでしょう。

その場合考えられるケアとしては、まず育毛剤を使用しての頭皮環境の改善が挙げられます。

医薬品よりは効果が緩やかではありますが、育毛促進効果や頭皮環境の正常化を促す成分を豊富に含み、かつ副作用のリスクも極めて低いので、初期の薄毛や初めて育毛に取り組む人に向いています。

こちらもいくつか商品を紹介していきたいと思います。ご自分の頭皮に合いそうなものを見つけるのがポイントですので、いろいろ検討してみてください。

プランテルEX

こちらは育毛剤の中でも珍しいAGA専門の育毛剤で、独自成分の「ヘブプロミンα」によってDHT抑制を図ることができます。

このヘブプロミンαは、医療機関でも処方されるミノキシジルの3倍もの威力が製薬会社によって証明されている優れた成分。

それに加えてスイスの会社が開発した注目のスカルプ成分、リデンシルも含まれており、その配合率は5%と濃度としては最高の値です。

お値段は少し張りますが、口コミでの評判も上々の様子。発売当初から予約が殺到し、品薄状態で手に入りにくいのが難点ではあります。

フィンジア

フィンジアの目玉成分は「キャピキシル」「ピディオキシジル」の2つで、この成分はミノキシジルと似た働きをするとしてかなり注目されています。

その一方で、ミノキシジルのように副作用のリスクがなく、いい効果だけを受けれるという点で育毛剤の中でも人気度は高めです。

また、ゲートアクセス理論(※)を取り入れた作りで、頭皮へ育毛成分を浸透させるのに効率的な仕組みとなっています。

(※)カプサイシンの働きにより頭皮の毛穴を広げ、成分を浸透しやすい状態にすること。

イクオス

イクオスの特徴としては、「DHTの生成を抑制」「抑制しきれなかった場合も脱毛因子を阻害する」という“二段階ブロック”が大きくあげられるでしょう。

DHT生成を抑制する育毛剤は多くありますが、防ぎきれなかった場合や、すでに生成されてしまっているDHTの対策ができるものは珍しく、AGA治療薬のプロペシアでさえ二段階目のケアはできません。

クワエキスやゴボウエキスをはじめとする8種類の成分が、DHT生成後の脱毛因子の働きを抑制してくれるので、続けることによって抜け毛の量を減らす効果が期待できます。

二段階ブロックができるという点ではかなり貴重な育毛剤なので、オススメ度は高かなりいです。

DHT抑制にはサプリメントを利用するのもアリ

前項目でふれたイソフラボンや亜鉛、その他にDHTを抑制するものや髪に必要な栄養素を普段の生活で取り入れようと思うとなかなか面倒で大変ですよね。

そういう時は、抜け毛対策から髪の栄養補給まで、バランスを考えて作られている育毛サプリメントを使うのもお勧めの方法です。

サプリメントは栄養補助食品に分類されるものが多く、過剰な摂取をしない限りは副作用(体調不良)のリスクもありません。

育毛サプリメントは数多く販売されていますが、中でも優秀なものをいくつか紹介しておきたいと思います。

イクオスサプリEX

数ある育毛サプリの中で、一番優秀と言って良いほどのクオリティで、かなりオススメのサプリメントはなんといってもイクオスサプリEXです。

こちらは5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑える効果が証明されているノコギリヤシを主軸とし、ミレットエキスやフィーバーフューなど髪に良いとされる成分が豊富に配合されています。

それだけではなく、日常生活では取り入れにくい亜鉛や、体内では生成できない一部ビタミンや必須アミノ酸、イソフラボンなど豊富な成分数を誇り、その数は業界最多の46種類。

ノコギリヤシは臨床試験で使用された320mgとほぼ同量の300mg(1日あたり)、他の成分に関しても他のサプリよりも多く設定された配合量も強みの1つです。

定期購入で買うとお得に

育毛サプリでイクオスサプリEXを最もお勧めできる理由として、成分が豊富で優れているのにもかかわらず、値段も安いと言うのも大きなポイント。

イクオスサプリEXの値段は通常6,980円ですが、定期コースを申し込むとずっと4,380円で購入することができます。

一日あたり150円程度で健康的な頭皮を取り戻す手助けができると考えれば、かなりお得なのではないでしょうか。

ボストン

ボストンもイクオスサプリEXと同じく、DHT生成を抑制するノコギリヤシを300mg配合したサプリメント。

そのほかにも日常生活では摂取しにくい成分を20種類以上配合し、栄養素の面もしっかりとカバーできます。

そしてボストンの特徴であり、他と差をつけているという点は、オイルタイプのノコギリヤシを採用し、打錠品タイプのものよりも吸収率を上げていること。

こちらも一本6,980円ですが、まとめ買いをして割引されても一本あたり5,000円オーバーの価格設定で、イクオスサプリEXと比べると魅力は減ってしまいます。

DHT抑制のためにできること3つ【まとめ】

AGA(男性型脱毛症)の原因となってしまうDHT(ジヒドロテストステロン)の働きから、その対策の仕方まで、様々なことを紹介してきましたが、参考にしていただけたでしょうが。

今回ご紹介したことを改めて簡単にまとめておさらいしましょう。

①食生活と生活習慣の見直し

まずは日々の習慣を見直して、体全体を健康な状態にすることがとても大切。

  • 大豆イソフラボンや亜鉛を中心に健康的な食事
  • 適度な運動
  • ストレスを溜めない
  • 飲酒や喫煙を控える

などのポイントを意識しましょう。

②医薬品を使う

薄毛の進行がかなり進んでしまった方や、専門的な治療を受けたいという方は、AGAクリニックで専門医に相談しながら医薬品で発毛促進を図る方法も。

  • 自由診療扱いのため費用がかかる
  • 薬の種類、料金などもクリニックによる
  • 副作用のリスクが大きい

高い効果の代わりに、費用面や副作用のリスクなどもありますが、やはり専門の医師に適切なアドバイスをもらえるという点では安心できる方法です。

育毛剤や育毛サプリを使う

まだ薄毛が初期の段階の方や、早めに対策しておきたいという方にオススメなのが育毛剤と育毛サプリです。

  • 医薬品よりは効果が緩やか
  • 副作用のリスクがほぼない
  • 身体の内外からケアできる

などの利点があります。

初めて育毛に取り組むという方にもオススメの方法です。

育毛剤とサプリはセットで使うのがオススメ

育毛剤単体でも効果が出るように作られてはいますが、やはり表皮に塗るタイプのものですので、取り入れられる成分にも限界があり、体内から栄養補給できるサプリメントとの併用がオススメ。

商品もいくつか紹介しましたが、オススメの組み合わせは「DHT二段階ブロック」のできるイクオスと、コストパフォーマンスが最高のイクオスサプリEXの組み合わせです。

しかも、イクオスとイクオスサプリEXのセット定期購入なら毎月6,980円と、バラバラで買った時と比べて1,3187円もお得。

他の育毛剤メーカーもサプリとのセットは販売していますが、内容・値段共に今一番良いのはイクオスでしょうね。

DHT対策まずはできることから

DHTを抑えるためのほう方法はいろいろありますが、何よりも大切なのは早く取り組み始めるということ。

AGAは放っておくとあっという間に進行してしまいますし、手遅れになってからでは医薬品でも治療が難しくなります。

また、人によって合う方法、合わない方法もあり、自分に合った対策を見つける時間も必要になることもありますので、思い立ったらすぐに始めましょう。