育毛情報

髪の毛が細い・やわらかい!太くする習慣や育毛剤・サプリを紹介!

皆さんは髪の太さを気にかけたことはありますか?

歳を重ねるにつれてだんだんと毛がやせ細り、気がついたらなんだか頭皮がスカスカになっていたり、抜け毛が増えたりしているという男性は多いのではないでしょうか。

そんな人に向けて、この記事では、髪の毛の痩せ細る原因や、どうすれば太く元気な髪に戻せるのかなど、詳しく紹介していきたいと思います。

髪の毛が細くなってしまう11個の理由とは?!

毛が細くなることによって、全体の印象が薄く感じてしまったり、抜け毛が増えたりとかなりの影響があります。

ではそもそもどうして毛はやせ細っていってしまうのでしょうか。

主な理由を11個に分けて解説していきます。

その1:AGAによるもの

AGA(男性型脱毛症)は男性なら誰しも持っている男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素と反応してDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化し、そのDHTによって発症してしまうもの。

AGAが発症してしまうと、ヘアサイクルが正常な状態ではなくなるため、髪の毛が細くなったり抜けやすくなったりします。

薄毛に悩む壮年期以降の男性のほとんどが、AGAが原因だとされており、進行性の脱毛症であるため、対策をしないとあっという間に悪化してしまうという特徴も。

また、あまりにも進行してしまうと、新しい髪の毛を作り出す細胞も完全に活動を停止してしまうため、手遅れになる前にAGAクリニックなどで専門的なケアをすることがとても重要になってきます。

その2:遺伝によるもの

「ハゲは祖父や父親から遺伝する」というのはよく聞く定説になっていますが、実は先ほど紹介したAGAは、25%の確率で遺伝すると言われています。

AGAの特徴として額部分や頭頂部が特に5αリダクターゼが活発なため、いわゆるM字ハゲやO字ハゲになりやすいことが挙げられます。

特に母型の祖父が薄毛の場合は遺伝する確率が高いと言われています。

自分が薄毛になりやすいかどうかは、専門の医療機関で遺伝子の検査をしてもらうことができますので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

その3:加齢によるもの

歳を重ねるにつれ代謝が落ちたり、コレステロール値が上がりやすくなることによって、血液の循環が悪くなってきます。

そうすると、特に血管の細い頭皮への血行が悪くなり、髪へ栄養を含んだ血液が届けられなくなるため、必然的に毛髪がやせ細っていってしまうのです。

また、若い時に比べると細胞の活性も鈍くなるため、髪を成長させる力がそもそも弱くなっている可能性があります。

薄毛に気づいてから回復させるには、かなりの努力が必要になりますので、対策は早ければ早いほど良いでしょう。

その4:食生活の乱れによるもの

先ほど血流が悪いと栄養が頭皮に行き届かないと説明しましたが、そもそも髪に必要な栄養分が摂取できていないケースもあります。

20~30代はAGA発症率はそこまで高くないものの、社会人デビューして一人暮らしになったり、飲み会や外食が増えるなどの理由から栄養が偏りがちになり、それが薄毛の一因となっている可能性があります。

栄養は主要な内臓器官に取り込まれたのちに、末端の爪や髪の毛に回っていきます。

そのため、しっかりと必要な成分を摂取していないと、一見しっかり食事しているように見えても、毛髪が弱ってしまうことになるのです。

その5:頭皮の湿疹や炎症によるもの

頭皮の悩みを抱える人の中には、毎日シャンプーしているのにフケが出たり、痒みがあってついつい掻いてしまっているという人も少なくないはずです。

頭皮に炎症が起きていると、本来頭皮を守る役割を持つ皮脂が不足して、外部の刺激からのバリア機能を失います。

反対に過剰に防衛反応を示して皮脂が過剰に分泌されるケースもあり、その結果雑菌が繁殖したり、フケやかさぶたで毛穴が詰まりやすくなったりするので、頭皮に炎症が起きてしまいます。

また、痒みを和らげようと無意識に掻いてしまって、余計に頭皮を傷つけてしまうこともあり、一度湿疹や炎症が起きるとなかなか治りにくい事も。

その6:睡眠不足によるもの

髪の成長に限ったことではありませんが、成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠から数時間後がピークと言われています。

さらに、眠っている間は副交感神経が優位になり、身体全体がリラックス状態になるため、血行が良い状態となります。

しかし、睡眠が不足していると、交感神経が優位になるため血管が収縮し、血液がスムーズに回りにくくなります。

また、イライラしやすくストレスも溜まってしまうので、さらに血流が悪くなり、その結果頭皮に血液が回らず髪が栄養不足に陥ってしまうのです。

その7:過度な喫煙によるもの

タバコは体に良くないというのは当然のことですが、もちろん頭皮にも悪影響を及ぼします。

  • ニコチンが血管を収縮させる
  • 一酸化炭素を発生させる
  • ビタミンやミネラルなど髪に必要な栄養素を破壊する
  • 代謝が下がる

など、タバコが及ぼす影響で髪の毛に関わるものは決して少なくありません。

やめたくてもなかなかやめられないのがタバコですが、頭皮だけでなく身体のためにも控えめにし、できればやめてしまうことをお勧めします。

その8:ストレスによるもの

睡眠不足の説明でも触れましたが、人間はストレスを感じると血管が収縮し、血流がスムーズに回らなくなってしまいます。

すぐに解決できたり、自分の中でうまく消化できるストレスなら問題ありませんが、連続的にストレスを受け続けてしまうと、頭皮に酸素や栄養素が行き渡らなくなり、髪の毛が細くなる原因を作ってしまいます。

ストレスの多い環境にいる人は、普段から自分なりのストレス発散方法を見つけておくことで、ある程度のものならうまく処理できるようになりますので、リフレッシュになる事を生活に取り入れてみましょう。

その9:運動不足によるもの

「どうして運動しないと髪が細くなるの?」と意外に思うかもしれませんが、運動不足も薄毛につながる原因となります。

運動不足が頭皮に及ぼす影響は以下の3つ。

酸素不足

消費エネルギーが減ると、体内をめぐる酸素量が減ってしまいます。必然的に頭皮に回るはずだった酸素も少なくなり、髪が弱ってしまうのです。

血液がドロドロに

運動不足になると、当然身体は肥満体型に近づいていきますよね。肥満になると、コレステロール値が上がって中性脂肪などが血管に詰まり、栄養を運ぶ機能が低下してしまうのです。

頭皮だけでなく体全体の健康にも悪いですよね。

心臓機能の低下

運動をしないと筋力がだんだん落ちていき、心臓が血液を送り出すポンプの力、末端の筋肉が血流を押し返す力が弱まり、頭皮まで血流を流す力が衰えてしまいます。

血液が回らないと当然栄養が行き渡らないので、髪がやせ細ってしまうのです。

その10:髪へのダメージによるもの

白髪が出てきた人だけでなく、オシャレとしてカラーリングを楽しむ人や、パーマをかける人も少なくないと思います。

しかし、カラー剤やパーマ剤はかなり強いアルカリ性の物質であるため、弱酸性の頭皮にはかなりの負荷がかかってしまいます。

肌が弱い人はかぶれたり、炎症を起こすこともあり、あまり頻繁に繰り返していると頭皮へのダメージは計り知れません。

カラーやパーマは頭皮や髪を弱らせて抜けやすくさせてしまいますので、気になる方は頻度を減らすか、しばらくやめてしまう方が良いかもしれませんね。

その11:ホルモンバランスによるもの

男性ホルモンの役割は「筋肉質な体を作る」「性欲を向上させる」「体毛を増やす」のように、男性らしい体を作るためにとても大切な役割を担っています。

一方で男性は女性ホルモンも体内にもっており、男性ホルモンとの均衡を保つことによって、頭髪を維持している側面もあり、この2つのホルモンのバランスが崩れてしまうと髪の毛が弱って細くなってしまいます。

とはいえホルモンを自分で調節するのは困難ですので、普段の生活を健康的なものにして、ホルモンバランスが乱れないように気をつけるしかありません。

細くなった髪の毛を元の太さに戻す方法は?

髪が細くなってしまう原因をいくつか紹介しましたが、逆に太く戻すためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

原因に対応した10個の対策をそれぞれ解説しますので、ご自分の気になる箇所だけでも読んで試してみてください。

対策1:AGAを治療する

AGAを発症して薄毛になってしまった人や、毛が細くなってしまった人は、専門のクリニックなどで診断してもらい、自分に合ったAGA治療をするのがおすすめ。

AGA治療の種類としては、AGA治療薬や植毛、毛髪再生メソセラピー、注射など様々なものがあります。

中でも主流なのが、毛髪の成長に必要なビタミンやアミノ酸、ミネラルなどの栄養を補給し、AGAに有効なミノキシジルやフィナステリドといった成分を含んだ内服薬による治療です。

ただし、ミノキシジルやフィナステリドなどのAGA治療薬は、副作用が出るリスクもありますので、よく相談して決めましょう。

対策2:食生活を見直す

毛が細くなる原因でも説明しましたが、取り込まれた栄養は主要な内臓器官に送られた後の残りが髪や爪などの末端に回ってきます。

塩分や油分を控えめにし、しっかりと必要な栄養素を摂れる食事を心がけるようにしてみましょう。

特に亜鉛や必須アミノ酸など、意識しないと摂りにくい成分や、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを含む食品を積極的に食べるのがオススメです。

対策3:育毛剤を使用する

育毛剤を使用することによって、血行を促進や炎症を抑えるなど、頭皮環境改善の手助けが可能になります。

また、髪に必要な栄養が入っていたり、医薬品ほどの威力はないもののAGA対策ができる成分が入っていたりするので、細い髪の毛を復活させる土台づくりには向いています。

この後の項でオススメの育毛剤を紹介しますので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

対策4:睡眠時間を確保する

言うまでもありませんが、睡眠は細胞分裂を活発にし、ダメージや疲れを取り除くと同時に体のあらゆる成長を促す役割を持っています。

質の良い睡眠とその時間を確保することによって、身体も活性化しますし、髪の毛を作り出す毛母細胞も活発に働いてくれるようになります。

22時ごろからがゴールデンタイムと言われていましたが、最近では入眠から四時間後に成長ホルモンがピークになるといわれており、十分な睡眠時間の確保が大切。

寝不足が続いている人はもちろん、寝る前にスマホやテレビを見る人などはいつもより早めに切って、質の良い睡眠を心がけるようにしましょう。

対策5:頭皮ケアをする

体質や日焼けによるものなどの他に、上記の食事や睡眠が乱れていると起こりやすいトラブルが頭皮環境の悪化です。

フケがよく出る人やかゆみを感じる人は、特に頭皮が炎症を起こしている可能性が高いので、心当たりがある場合は頭皮を清潔にし、ひどい場合はすぐに皮膚科など専門の医師に相談しましょう。

また、よく外に出る人や仕事が屋外の人は、普段から帽子をかぶるなどして頭皮を紫外線や直射日光から守るようにすると良いでしょう。

対策6:禁煙する

長い間タバコを吸ってきた人にとっては辛いことかもしれませんが、禁煙で得られる頭皮へのメリットは以下の通り。

  • 血行が良くなる
  • 男性ホルモンの分泌が抑えられる
  • ビタミンが壊されなくなる
  • 肝臓への負担が減り、栄養の振り分けなどがスムーズに

言うまでもなくトータル面の健康にも良いので、なかなかやめられないと言う人は禁煙外来を使うなどして少しでも本数を減らすことから始めてみてください。

対策7:ストレスを溜めない

ストレスを受けているときは血管が収縮してしまうため、頭皮に血液が回りませんし、慢性的に受け続けていると自律神経がバランスを崩し、心身ともに健康を損なうことも。

しかしストレスを全く感じないと言うのも無理な話ですので、溜め込まずにこまめに解消していくのが一番良い方法です。

1人でのんびり過ごしたり、気を使わなくていい友人や家族と過ごしたり、スポーツや読書など趣味に没頭できる時間を作ったりするなど、自分なりにストレスを発散できる方法を見つけておきましょう。

対策8:適度に体を動かす

デスクワークの多い人や単調な動きしかしない人などは、かなり体が固まって血流が悪化しやすくなっています。

できればウォーキングや水泳、その他のスポーツなどができれば良いですが、なかなか時間が取れなかったり、疲れていて気力がなかったりしますよね。

そんな人は、仕事の合間に深呼吸しながらストレッチをするだけでもかなり硬い体がほぐれますし、酸素が体に行き渡って頭皮に良いのはもちろん、仕事のパフォーマンス能力向上も期待できます。

休憩のつもりでこまめに体を動かして、頭皮や全身の血行促進を図りましょう。

対策9:毛髪の手入れをする

髪の毛が細くなる根本的な理由は頭皮環境の悪化ですが、髪自体もカラーリングやパーマの他にも、紫外線やシャンプーの成分、摩擦などから日々ダメージを受けており、これらも一因となっています。

カラーやパーマを控えるのはもちろん、髪の毛にも使える日焼け止めでダメージを防いだり、頭皮や髪に優しいシャンプーに切り替えることも大切です。

オススメのシャンプー

最近ではCMでも見かけるようになったスカルプシャンプーですが、髪や頭皮が弱っている人に特にオススメしたいのがチャップアップシャンプー。

名前の通り、育毛剤チャップアップと同じブランドから発売されており、そのノウハウを生かした作りになっています。

ノンシリコンで無添加なのが大きな特徴で、アミノ酸系の地肌に優しいシャンプーでありながら、しっかりと皮脂や汚れは浮かせて流す洗浄力で男女問わず人気。

また、髪の毛にハリを与える成分も含まれており、細い髪に悩んでいる人には特にオススメのシャンプーです。

対策10:ホルモンバランスに気を使う

ホルモンバランスを調節するのはなかなかに難しいですが、これまでに紹介してきた「食事」「睡眠」「ストレス発散」「適度な運動」などにきちんと気を使えば、大きくバランスを崩すことは少なくなります。

しかし、食事や体形に気を使うあまりに無理なダイエットをするのも返ってホルモンバランスを崩す原因となりますので、健康的な生活習慣を身につけるという認識があれば十分です。

頭皮だけ改善しようとしてもなかなか上手くはいきませんので、体全体のバランスを保てるようにしていきましょう。

細くなった毛を太くするのにオススメの育毛剤

先ほど挙げた対策の1つに「育毛剤を使う」という方法がありましたね。

しかし、育毛剤はかなりの種類があり、それぞれ特徴も違うのでなかなか自分では選びきれない人が多いと思います。

そこで、細くなった髪の毛を改善するのにオススメの育毛剤を2つ代表としてご紹介しますので、参考にしてみてください。

フィンジア

フィンジアは頭皮環境を整える「キャピキシル」「ピディオキシジル」の2つの成分が主要なものとなっており、毛髪にハリやコシを与えてくれます。

さらに、加齢とともに硬くなった頭皮には成分が浸透しにくいということから、カプサイシンを配合して頭皮を柔らかくしてくれる効果も。(ゲートアクセス理論)

価格は単品購入だと12,800円と少しお高めではありますが、定期購入なら9,980円とお得に続けることもできますよ。(定期購入の場合、30日の返金保証付き)

イクオス

イクオスはモンドセレクション2年連続受賞、購入者のリピート購入率91.5%と、かなり人気のある育毛剤ですので、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

  • ミノキシジルと同等の育毛促進効果を持ち、保湿力に優れた海藻由来の独自成分Algas-2
  • 頭皮環境を整える3つの有効成分
  • 頭皮ケアをサポートする31種類の天然成分
  • 太い髪を育てる16種類のアミノ酸と、7種類の植物由来成分
  • 成分を頭皮の奥に浸透させる低分子ナノ水
  • 無添加、無香料

上記の通り、イクオスの特徴は何と言っても豊富な成分数で様々な薄毛の原因に対応できること。

価格は単品なら8,980円(+送料630円)、定期購入で5,980円(送料無料)と、これだけの成分が含まれているとは思えないほどリーズナブルなのも人気の秘密。

定期便の特典もすごい

  • 通常より65%オフ
  • 返金保証期間45日
  • 受け取りの日時変更可能
  • 育毛情報冊子が付いてくる

イクオスは育毛剤自体のクオリティはもちろんのこと、特典やアフターサポートがしっかりしているのも愛用者が多い理由の1つのようですね。

サプリで細い毛を改善させるならイクオスサプリEX

育毛剤は頭皮に塗る物なので、肌に直接作用する成分は別として、どうしても取り入れられる成分には限界があります。

また、食事に気を使っていても、不足しがちな成分は出てきてしまいますよね。そこでオススメなのが育毛サプリメントです。

育毛サプリメントは大抵の育毛剤のブランドから発売されていますが、これに関してはイクオスサプリEXが成分数、成分内容、成分配合量、コストパフォーマンスなど全てにおいて優秀です。

育毛剤は好みなどありますが、育毛サプリにおいては正直なところイクオスサプリEX一択なスペックとなっていますので、紹介しておきたいと思います。

AGA対策ができる主成分

髪の毛が弱ってしまう原因で一番厄介なのがAGAですが、イクオスサプリEXに含まれているノコギリヤシは、AGAの原因となるDHTを抑制する作用があると言われています。

このノコギリヤシを用いた臨床試験では、一日に320mg摂取し続けた場合、38%もの人に薄毛の改善が見られたというデータが残っており、イクオスサプリEXに含まれるノコギリヤシの量はその時とほぼ同量の300mg。

髪の原料となる成分

亜鉛

髪を構成する成分のうち大半がケラチンと呼ばれるタンパク質の一種で、18種類のアミノ酸を合成して作られているのですが、このアミノ酸を合成してケラチンにする働きを持つのが亜鉛です。

イクオスサプリEXには、この亜鉛が12mgも配合されており、一日に必要な摂取量を補ってくれます。

ミレットエキス

ミレットエキスというのは、髪の素となるアミノ酸のうち、シスチンとメテオニン、加えてビタミンB6.B12やミネラルなども含まれています。

先ほどの亜鉛と合わせて摂ることで、強く太い髪の毛を育てることができます。

このミレットエキスは150mg含まれています。

合計46種類の成分でトータルケア

上記の主要な成分の他にも、イソフラボンと相性の良いカプサイシン、発毛因子を作り出すガニアシ、健康ハーブのフィーバーフュー、アミノ酸やビタミン類、ミネラルなど豊富な栄養分を含むイクオスサプリEX。

その成分数はどの育毛サプリよりも多く、46種類にも及びます。

この豊富な成分により、頭皮に栄養を行き渡らせ、弱った髪を太く蘇らせることができるのです。

細い毛が気になり始めたらすぐに対策しよう!

髪の毛が生えてきたり育ったりする間隔(ヘアサイクル)は、数ヶ月から数年単位で繰り返されているため、一朝一夕での育毛は不可能です。

もし、「毛が細くなったな」と感じている人や、今回解説した薄毛の原因に心当たりがある人は今すぐにでも対策を始めることがとても大切になってきます。

髪が太くなり、コシが出てくるだけでもかなり頭皮が隠れて印象がガラッと変わりますので、ぜひ紹介した対策を使って頭皮環境改善にチャレンジしてくださいね!