育毛情報

ヤバイ?普通?若いけど頭皮が見えるんだけど!原因と対策を教えて!

「最近髪の毛のボリュームが出ない」「鏡を見ると髪の毛の隙間から白い頭皮が見える」と言った頭髪の変化を感じることはありませんか?

なんだか毛がスカスカで元気が無く、頭皮が見えてきたという人は、髪全体が弱ってかなり薄毛が進行してきているサイン。

今回は頭皮が透けて見えるようになってしまう原因、そして髪を太く強いものにして、頭皮が見えなくする対策を紹介しますので、手遅れになる前に読んで参考にしてくださいね。

そもそもなぜ頭皮が見えるようになるのか

頭頂部や額がすっかりツルツルになってしまう、わかりやすい薄毛はもちろんのこと、それ以外の地肌も見えるようになってきた場合、すでに薄毛が大きく進行しているサインです。

なぜ地肌が見えてしまうのかというと、今まで太くしっかりとしていた髪がやせ細り、ボリュームを失った結果、隙間が多くなってしまうからです。一面に生えた植物が枯れると地面の土が見えるようになることをイメージをしてもらうと解りやすいと思います。

毛が細くなると当然ではありますが、その分抜け毛にもつながりやすくなり、放っておくと地肌が助けて見えるどころか完全にハゲてしまいます。

このタイプの薄毛はAGA発症率の高い40代以降だけでなく、20代30代にも多くみられるため、より早めの対策が必要となってきます。

明るいところで頭皮が目立つのも薄毛

かなりの短髪にしている方ならあり得ますが、普通の髪型で太陽の光や強い照明を浴びた時に頭皮が白く見える方は薄毛の可能性が高いです。

室内ではあまりわからなくても、外の光だと髪の薄さが目立ってしまうという人は少なくありません。

まだ大丈夫かな?と思っていても薄毛は確実に進行していきますので、頭皮のケアを始めることをお勧めします。

髪が細くなってしまう原因は一体なんなのか?

先程、頭皮が透けて見える原因は髪が細く弱ってしまうからだと説明しましたが、そもそもなぜ髪が細くなってしまうのでしょうか。

大きく5つのポイントに絞りましたので、心当たりのある項目は特に目を通してみてください。

原因①AGAによるもの

AGA(男性型脱毛症)とは、体内にある男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素反応し、DHTという脱毛司令物質に変化して起こるもので、男性の薄毛の原因の9割を占めていると言われています。

髪の毛は、数年単位で・生える⇨・育つ⇨・留まる⇨・抜けると言ったヘアサイクルを繰り返していますが、DHTによってこのサイクルが乱されると、まだ育ちきっていない髪のまま成長が止まり、すぐに抜けやすくなってしまうのです。

次の髪が育っても、また弱々しいものですぐに抜け、それを繰り返しているうちに発毛力すらも失っていくので、まだ薄毛のうちに対策をしなければなりません。

原因②血行不良によるもの

髪を育てるためには栄養分が必要不可欠ですが、そもそも頭皮の血管は細いため、血行不良を起こすと栄養が載った血液が行き渡りにくくなります。

髪を作り出す細胞に栄養が回らなければ、当然しっかりとした髪の毛は生成されず、細く弱い髪の毛しか育たなくなるのです。

地肌が硬くなっている人や、そもそも身体の血液の回りが悪い人などは注意が必要です。

原因③偏った食生活によるもの

血行不良で栄養が行き届かないことに加え、そもそも栄養が不足している場合も髪は細く弱ってしまいます。

また、髪の毛を構成するケラチンは、数種類のアミノ酸からできており、意識しないとなかなか十分な量が摂取できないものも多くあります。

普段から外食やインスタント類などを食べる機会が多いという人は、食生活の見直しをしなければなりません。

原因④ストレスによるもの

ストレスは人間関係から気候など様々な環境によって感じてしまうものですが、人間がストレスを感じた時、血管が収縮し、血行が悪くなるという体への影響があります。

全くストレスを感じずに生きるのは至難の技ですし、うまく受け流せる程度のストレスなら問題ないのですが、積み重なると心身にかなり影響を与えてしまうのです。

運動や趣味など、ストレスを発散できる方法を普段からやっておいて、少しずつ息抜きをするように心がけましょう。

原因⑤飲酒や喫煙によるもの

お酒を頻繁に飲む人や、タバコを吸う人にも、頭皮への影響があります。

お酒はアルコールを分解するために、身体がアミノ酸を優先的に消費してしまい、髪の毛に行き渡るものを減らしてしまいます。

タバコは言うまでもなく、ニコチンが血管を収縮させて血液循環を悪化させ、髪に栄養が回りにくくなります。

どちらも嗜む人にとって辞めるのは難しいものではありますが、まずは量を減らすところからでも始めてみてはいかがでしょうか。

細い髪を太く蘇らせるためにできることとは?

髪の毛が細く弱ってしまう原因として大きく5つのことを紹介してきましたが、1つくらい当てはまった人が多いのではないでしょうか?

では、どうすれば髪の毛を太く強いものにできるのか、対策を見ていきましょう。

対策①生活習慣を見直す

先ほど紹介した食生活の見直しは一番注意したい改善点ですが、髪の毛に必要な栄養素を十分に摂るのはなかなか難しいこと。なので、健康的な食事を心がけながら、育毛に必要な成分が揃っている育毛サプリなどを使うのもオススメです。

また、睡眠は体の組織を回復・成長させるのにとても大切な時間なので、睡眠が不足しがちと言う人はしっかりと眠ることも重要です。

さらに、血行を促進できる運動やストレッチをしたり、お酒やタバコなどを控えたりと、全体的な健康を目指すようにしましょう。

対策②湯船に浸かる

疲れているからとシャワーでお風呂を済ませてしまう人も多いかと思いますが、なるべく湯船に浸かってリラックスすることも大切です。

体が温まることで血行が良くなり、睡眠で成長ホルモンが出る前に栄養の行き渡りやすい状態にすることができます。

なかなか時間が取れないと言う人も、休みの日や余裕のある時には少し長めに浸かってみてくださいね。

対策③育毛剤を使う

早めにより良い対策をしたいと言う人は、育毛剤の力を借りるのも選択肢の1つ。

育毛剤の中にはAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHTの抑制をしたり、頭皮の炎症を抑えて環境を整えるものや、血行促進する成分が含まれているものもあります。

育毛剤の種類は様々ですが、そのほとんどが医薬品より効果が緩やかな代わりに、副作用のリスクがほぼないと言っていいほど安全なものです。

まだ薄毛が気になりだした段階の人や、AGA治療薬の副作用が怖いと言う人は、まず育毛剤から始めてみてはいかがでしょうか。

頭皮が透けて見えるなら早めの対策が大事!

今回は頭皮が透けて見えてしまう理由と、その対策について紹介しましたが、役に立つ情報は掴めましたか?

「まだ大丈夫」と思っているとあっという間に薄毛は進行していきますし、回復させるのにもかなりの時間がかかってしまいます。なので早めの対策、毎日継続しての体質改善などがとても大切です。

紹介した対策は、今日からでも始められるものばかりですので、ぜひ毎日の習慣に取り入れて健康的な頭皮、そして太くしっかりした髪を手に入れてくださいね。