育毛情報

※生え際ヤバイ!20代なのにおでこが後退して広くなったけど復活するの?

「まだ20代なのにおでこが広くなってきた」「周りの人と比べて額の後退が早い気がする」など、M字ハゲに悩まされている人は少なくないのではないでしょうか。

生え際の後退は、油断しているとあっという間に進んでしまい、回復させるのもかなり難しくなっていきます。

今回はそんなおでこの後退の原因と、早めに食い止めるための方法を紹介したいと思います。

生え際の後退の種類は2つに分かれている

男性の薄毛の原因は大半がAGA(男性型脱毛症)によるものとされていますが、AGAの特徴は額から薄毛になるものと、頭頂部から薄毛になるものがあるということ。

さらに額から薄毛になる場合は、おでこの左右・こめかみの延長線上から後退していくM字型と、中央部分から丸く後退していくU字型があります。

薄毛の進行の仕方には個人差があり、頭頂部から始まる人や、生え際から始まる人、またその両方同時に進行していく人もいます。

自分の生え際が後退しているのか調べる方法

生え際の後退といっても、徐々に進行していくので毎日見ていると気づきにくいかもしれません。

自分がどのくらいのレベルで後退しているのかの目安や、チェック方法を目安として紹介しておきます。

1.額の広さを調べる

小指、薬指、中指の3本を揃えて、小指を眉の上くらいに合わせておでこにくっつけます。この時に中指と生え際の隙間があまりにも広いようなら後退が進んでいる可能性があります。

ただし、この方法は指の太さや元のおでこの広さなど、人によってバランスが異なりますのであくまで目安としてください。

2.頭皮の柔軟度を調べる

5本の指の腹で頭を包み込むように抑え、頭皮を前後左右に動かしてみてください。柔らかく動く人は良いのですが、凝り固まって動きにくいという人は要注意。

頭皮が固まっているということは、血流が滞って髪に栄養が行き渡っていないということになります。

そうなると髪の毛が弱ってしまうので、生え際が後退している、あるいは今は大丈夫でも髪が抜けやすい状態かもしれません。

3.生え際の産毛チェックする

通常髪の毛は1つの毛穴から複数本生えており、もしその本数が減ってしまうと頭髪の印象がスカスカになります。

おでこの生え際の鏡で見やすい部分をチェックしてみて、髪の密集度が低いと感じたら髪が弱っているサインかもしれません。

また、産毛が全く見当たらない場合は、新しい髪が生成されていない可能性があるので要注意です。

4.抜け毛の様子をチェックする

どんな人でも1日に100本ほど抜けるのは正常の範囲なのですが、枕や洗面台に落ちている抜け毛を一度じっくり見てください。

もしも、その抜け毛に毛根がなかったり、細くて弱い感じのものであったら、髪がしっかりと太くなる前に抜けてしまっている可能性があります。

また、異常な量の抜け毛もかなり薄毛が進行してしまっている状態ですので、早めに対応しなければなりません。

5.写真を撮って見比べる

薄毛は徐々に進行するものなので、毎日鏡で見ていると、微妙な変化に気がつきにくいものです。

気になる人は一度写真を撮って保存しておき、数週間〜数ヶ月後同じ角度でもう一度撮影して見比べてみましょう。

どこがどんなふうに変化したか一目瞭然ですし、少しでも生え際の後退を感じたらすぐに育毛を検討することができます。

生え際に髪を生やすのが難しい?!その理由とは

頭頂部や後頭部の薄毛に比べて、生え際の育毛は特に難しいと言われており、それには3つの要因が大きく関係しています。

1.5αリダクターゼの分布が多い

AGA(男性型脱毛症)の原因となるDHTを作り出してしまう5αリダクターゼは、生え際から頭頂部に多く存在しています。

しかも、生え際に存在する5αリダクターゼの濃度は頭頂部の2倍と言われており、他の部分より特に薄毛になりやすく、元に戻りにくいのです。

2.血管が細く少ない

髪を作り出すのに必要な栄養素は、血液に載って循環していきますが、額部分の血管は特に細く少ないため、なかなか栄養が回ってきにくくなっています。

さらにいろんな要因が重なって血行不良になると、さらに栄養不足に陥りやすい箇所なので注意が必要です。

3.皮膚が硬化しやすい

額は骨に近く、さらに顔の筋肉の影響を受けやすい位置にあるので、凝り固まりがちになります。

接客業や癖で作り笑いをよくする人や、逆に全く表情を表さない人などは顔周りの筋肉が固まってしまい、放っておくと額周辺も硬くなって血行不良を引き起こします。

頭皮や生え際を触ってみて皮膚が動きにくいという人は、皮膚が固まっているサインです。

普段の生活の中に潜んでいる生え際後退の原因

生え際が後退する要因には様々なものがあり、何か1つ大きな原因がある場合と、少しずついろんな物が重なっておきてしまう場合もあります。

頭皮は普段の生活から影響を受けており、意外なことが生え際後退の要因になっていることも。

次の項目に自分が当てはまりそうなものがあればチェックしてみてください。

1.AGAによるもの

男性の薄毛の原因の多くを占めているのがAGA(男性型脱毛症)ですが、これは男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素に反応してDHTという脱毛指令を出す物質に変化してしまうことで引き起こされます。

通常、髪が生えて成長し、抜けるまでのサイクル(ヘアサイクル)は年単位で進むのですが、DHTによってそのサイクルが乱れると、髪が成長しきる前に抜けるということを繰り返し、一気に髪が薄くなっていくのです。

そのためDHTを抑制することは薄毛を食い止めるために、かなり重要になってきます。

2.生活習慣の乱れ

運動不足や睡眠不足など、生活習慣の乱れも頭皮にかなりの影響を及ぼしてしまいます。

特に睡眠不足による悪影響は大きなもので、睡眠時に分泌される成長ホルモンが十分でなかったり、細胞の活性化や修復が追いつかなかったりと、頭皮だけでなく体全体のパフォーマンスが下がってしまいます。

なるべく夜更かしなどせず、きっちりと体を動かして血流を促進させ、夜はしっかりと眠る時間を確保することが大切です。

3.食生活の乱れや不摂生

食事で取り込まれた栄養は、主要な内臓から順に取り込まれ、一番最後に末端の爪や髪に回されると言われています。

髪を構成するケラチンを作るためには、アミノ酸や亜鉛、ミネラル、ビタミン類など様々な栄養素が必要となりますが、中には意識的に取らなければ不足しがちな成分もたくさんあります。

また、揚げ物やインスタント類など、油っぽいものや体に良くないものを食べ続けると、コレステロール値が上がり、血管を詰まらせて血液の廻りも悪くなります。

食事をとるというのは毎日のことですから、積み重なるととても大きな違いが出ます。普段からバランスのいい健康的な食事を心がけなければなりません。

4.ストレス

人間の内臓や血流を自然と調節し、環境に適した体の状態を保ってくれているのが自律神経というものですが、ストレスを感じ続けるとそのバランスが崩れ、交感神経が優位になり続けます。

そうすると血管が収縮して血流が悪くなるため、とうひにえいようや酸素が行き渡りにくくなり、薄毛になりやすい状態に陥ります。

仕事や人間関係など、どうしてもストレスを感じてしまう場面はありますが、常に負担がかかる状態は心身ともに良くありませんので、なるべくこまめに息抜きできる環境や習慣を作りましょう。

5.カラーリングやパーマによるダメージ

カラー剤やパーマ液は強烈なアルカリ性のものが多く、髪の毛自体へのダメージはもちろんのこと、弱酸性である地肌へのダメージも計り知れません。

頻繁に染め直したり、パーマをかけたりしている人は少し控えめにしたり、頭皮の状態が特に悪い人は一度やめてしまった方が良いでしょう。

眼精疲労

意外かもしれませんが、眼の筋肉が眼精疲労によって凝り固まってしまうと、近い位置にある額にまで影響を及ぼします。

パソコンで仕事をする人や、スマホをよく見る人などは眼の周辺の血行が悪くなり、頭皮へと巡る栄養が滞ってしまう可能性があるのです。

生え際の後退を止めるにはどうすればいいのか

生え際の薄毛は他の箇所に比べて改善しにくく、進行も早いので、気づいた時点での対策がかなり大切になってきます。

手遅れになる前に、毎日できることや対策できる方法などをチェックしておきましょう。

1.食生活の見直し

主食、主菜、副菜(炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンやミネラルなど)のバランスが整った食事を心がけると、髪の成長につなげることができます。

外食が多い人や忙しくてインスタントに頼りがちという人は、普段の食事に気を使うとともに、髪の成長に必要な成分が揃っている育毛サプリなどを使うのもオススメです。

2.お酒やタバコは控えめにする

タバコが体に悪いというのはいうまでもありませんが、特にニコチンは血管を収縮させる作用を持つため、頭皮に栄養が行き渡りにくくなります。

お酒は少量嗜む程度なら大きな影響はありませんが、アルコールを体内で分解する際に、髪に必要なビタミンB郡を消費してしまいます。

あまりに飲みすぎると、髪を作り出すのに大きな悪影響が出てしまいますので、よく飲むという人は控えめにしましょう。

3.目を休める

先ほど眼精疲労が額に影響を及ぼすと紹介しましたが、眼の疲れを感じている人はこまめな休息が必要です。

首周りのストレッチをして頭部全体の血流を良くしたり、1.2時間おきにパソコンやスマホから目を離して休憩したりすると良いでしょう。

4.頭部周辺のツボを押してマッサージ

道具も入らず簡単にできるツボ押しですが、その効果はWHO(世界保健機関)にも認められており、自律神経を整えて血行を良くする作用が期待できます。

オススメのツボは百会と完骨というところで、それぞれ10秒ほどじっくりと押すのを3セットほど毎日続けるのがオススメ。

百会

頭の一番てっぺんにあるツボで、自律神経を整えて血行を促す効果が期待できます。

ヨガにもうつ伏せでうずくまるようにして頭のてっぺんを地面で刺激するポーズがあり、頭痛や肩こりも癒し、リラックスできる効果もあります。

完骨

両耳の後ろ、うなじの延長線上のあたりにある首のくぼんだ部分が完骨です。

こちらは頭皮の血行を促す他、額に影響を及ぼす眼精疲労にも効果があると言われています。

5.育毛剤を使用する

多くの育毛剤にはDHTを抑制する成分の他に、髪に必要な栄養素や炎症を抑えて頭皮の環境を整えるもの、頭皮の血行を促進するものなど、様々な対策ができる成分が含まれています。

医薬品よりは効果が緩やかではありますが、その分副作用のリスクがほぼないと言えるのが育毛剤の良いところです。

AGAの発症率がまだ低く、頭皮環境の乱れによって薄毛になっている可能性の高い20代の方は、まず育毛剤から試してみると良いでしょう。

6.医薬品やAGAクリニック利用する

育毛剤や生活習慣の改善では追いつかないほど薄毛が進んでしまった人は、医薬品での治療や専門のクリニックでの相談も視野に入れましょう。

AGA治療薬の服用

AGA治療薬として主に処方されるのは「ミノキシジル」や「フィナステリド」といった、かなり作用の強い成分を含む薬で、遺伝的な薄毛にも効果があります。

しかし、効果が高い代わりに頭皮の炎症や男性不妊などの副作用が出る場合もあり、特に20代や30代で子供を作ることを考えている人は慎重にならなければなりません。

クリニックで発毛治療を受ける

専門のクリニックでは、投薬治療の他にも頭皮に育毛成分を直接注入できる「メソセラピー」を行なっているところもあります。

また、自分が薄毛になりやすい体質かどうかの遺伝チェックができるところもありますので、本格的な治療がしたいという人は一度専門の医師に相談してみることから始めてみてください。

生え際が後退してきたら早めのケアが重要!

生え際が後退する原因や対策を紹介しましたが参考にしていただけましたか?

20代前後はAGA発症率が低く、生活習慣の見直しや育毛剤で改善する可能性が高いので、気になった時がケアの始め時です。

今回紹介した対策は今日から始められるものがほとんどですので、早速試してみてくださいね。